安岡正篤一日一言ss 11月4日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言ss 11月4日 僻




修養学問のし始めはとかく鼻についたり、


仲間外れになるものが多い。


之を僻(へき)と謂う。






*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




安岡正篤一日一言ss 10月15日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 10月15日 創造的人物




創造的人物は所謂知識階級からは出ない。


野人は実際の人生に生地(きじ)でぶつかる。


そこに強味がある。







*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 

子供の口臭外来※口コミでおすすめはどこ?

 




安岡正篤一日一言ss 10月11日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言ss 10月11日 患難に素しては 




「患難(かんなん)に素(そ)しては患難に行なう」


──病気をすると、辛いことは辛い。


しかし、またその病気の中に無限の意味もあり、


効用もある。快楽もある。








*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

宝くじのCM動画がおもしろい

 




珪藻土バスマットの効果を靴のケアに



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

足快シューズドライ♪毎日の靴のケアに




見た目も使いごこちもGOOD

まずは見た目が可愛いです!
触った感じは少しザラつき感はありますが、
手に粉が付く様な事はありません。

21センチの子供の靴にも問題なく入りました。
ファスナー無しの大人用ショートブーツにも全く問題ありません。

少し擦るように出し入れしてみましたが、
心配していた粉も付きません。

使用し始めたばかりなので、
消臭力はまだ分かりませんが、期待したいと思います!




なのらぼ 足快シューズドライ 一足分(2枚1組)

日本製 国産 珪藻土 消臭 脱臭 除湿 乾燥 除湿剤 消臭剤
湿気取り シューケア 靴 スニーカー パンプス ブーツ
においを消す 匂い消し 臭わない 天然由来


珪藻土バスマットの効果を靴のケアに
生活雑貨 生活用品 ケア用品 ナノテク 爽快 

BATH ROOM バスルーム
価格1,944円 (税込)




毎日何気なく履いている靴、ケアしてますか?

実は足は一般的に1日に
約コップ1杯分もの汗をかいて靴の中は湿気でいっぱい。

靴の湿気を放置すると嫌なニオイや
雑菌が繁殖してしまったり、靴も傷んでしまいます。

挙句、翌朝になっても「まだ湿気てる...」なんてことも。

だからといって疲れて家に帰ってから
染みしみ込んだ湿気を取るために新聞紙を
せっせと丸めて靴に詰めたり、
シューズドライヤーにかけたりとお手入れって大変...
なんて思っていませんか?

毎日使う必需品だからこそ、きちんとケアしたい!

そんな毎日のシューケアに、
あの当店で人気のあの足快バスマットの珪藻土が
活躍するのです。





湿気が大敵の革靴のケアに特に最適なシューズドライ。
もちろん革靴に限らず、すべての靴でお使いいただけます。
シューズ・スニーカーはもちろん、ブーツのケアにも大活躍!
コンパクトなので持ち運びしやすく、旅行や出張先にも
持っていきやすいのが嬉しい仕様です。



効果が薄れてきたなと思ったら、
風通しの良い場所で陰干しするだけでOK
洗うこともできるので、何度でも繰り返しつかえる
とっても経済的でエコロジーなアイテムなのです。

もし割れてしまったら?
鉱物なので強い力が加わると割れてしまうことがありますが、
たとえ粉々になっても珪藻土の効果に変わりはないので
そのままお使いいただけます。
割れた角が気になる場合はやすりで削って
滑らかにしてあげてくださいね。


足の臭いを消す!竹炭のインソール



 

 

 




安岡正篤一日一言ss 4月4日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言ss 4月4日 朝




活きた時間というのは朝だけだ。


言い換えれば本当の朝を持たなければ一日ダメだ。


昔から優れた人で早起きできない人はいない。


ただ人々が寝静まって、周囲が静かになった夜でなければ


仕事ができないという人は別だが、常態では朝が一番大事だ。


これを外したら一日ダラダラと無意味に終わってしまう。








*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




安岡正篤一日一言ss 2月20日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 2月20日 機と経絡



人間に最も大切なものは「機」というものであります。


これは人間のみならず、自然もすべて「機」に満ちている。


したがって人生というものは、すべて「機」によって


動いているといってよろしい。


のんべんだらりとしたものではなくて、


常にキビキビした機の連続である。


機というものは「つぼ」とか勘どころとかいうものであって、


その一点ですべてに響くような一点を「機」という。


そこで機を外すというと響かない、つまり活きない。


人間の体もそういうつぼ、点で埋まっているわけではありません。











*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

 

 




安岡正篤一日一言ss 1月31日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 1月31日 一燈照隅 万燈照国




要するに、少数の真剣な求道者のみが時勢の


運命を徹見し、社会を善導することができるのである。

 
能く一隅を照す者にして始めて、能く照衆・照国する


こともできるのである。微力をあきらめてはならぬ。

 
冷に耐え、苦に耐え、煩に耐え、また閑にも耐えて、


激せず、躁がず、競わず、随わず、自強してゆこう。

 
同志諸賢の精進を万祷します。








*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




安岡正篤一日一言ss 1月30日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 1月30日 六中観



忙中 閑有り

 忙中に?んだものこそ本物の閑である。
 
苦中 楽有り

 苦中に?んだ楽こそ本当の楽である。

死中 活有り

 身を棄ててこそ浮かぶ瀬もあれ。
 
壺中 天有り

 どんな境涯でも自分だけの内面世界は作れる。

 どんな壺中の天を持つか。

意中 人有り

 心中に尊敬する人、相ゆるす人物を持つ。
 
腹中 書有り

 身心を養い、経綸に役立つ学問をする。



私は平生窃(ひそ)かに此の観をなして、

如何なる場合も決して絶望したり、 仕事に負けたり、屈託したり、

精神的空虚に陥らないように心がけている。









*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

 

 




安岡正篤一日一言ss 1月29日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 1月29日 応対の妙



人は応対によって、まず決まってしまう。


武道などをやると、なおさらよくわかるのでありますが、


構えた時に本当は勝負がついている。


やってみなければわからない、


などというのは未熟な証拠であります。







*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

 

 




安岡正篤一日一言ss  1月13日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss  1月13日 大努力(2)



秀れた者となるためには、


ひとの数倍の努力と苦労をしなければならない。


人の寝るところは半分にし、人の食うところは半分にしても


努力するところは人の十倍も二十倍もやるだけの


元気がなければならぬ。


二十歳前後や三十歳前後は、


いくら力(つと)めても疲労するものではない。


心身ともに旺盛な時である。


まかり間違って病気になったり死んだりすれば、


その時は天命と諦めるのである。


学徒が学問のために死ぬのは本望ではないか。










*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




人気の通販情報



メルセデス・ベンツの中古車検索 ANAの株主優待券の使い方無添加 歯磨き粉


selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM