安岡正篤一日一言ss 1月17日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 1月17日 自己鍛錬の妙薬(2)




身体ばかりではない。


生理ばかりではない。


精神、心理という意味における性理、命理も


すべてそうです。


そんなことから、病弱とか、愚痴であるとか、


貧乏であるとか、多忙であるとかいうことは、


逆に自分自身を鍛錬する非常な妙薬、否、


妙薬以上のものであります。









*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




安岡正篤一日一言ss 1月16日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 1月16日 自己鍛錬の妙薬(1)




人間はどんなことが起こっても、自由自在に


対応出来る適応力を不断に養わなければいけない。


それには絶えず自力を養成しなければならぬ。


薬の力とか、医者の力とか、他物に依存して居っては


段々に自力が弱くなります。自然の体力、生命力が


弱くなってしまいます。どんな代用品も自然の生命力に


勝るものはありません。







*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




安岡正篤一日一言ss 1月15日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 1月15日 熱血漢



幕末・明治の青年たちには


先輩に学ぼうという熱意があった。


先輩たちもそういう青年を非常に愛し、薫陶した。


現代のように軽薄青年と無志操な老人が相寄ったところで、


新時代の建設など出来るはずもない。










*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 

 




安岡正篤一日一言ss  1月14日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss  1月14日 偉大な自然人




人間はどこまでも亭々として聳(そび)ゆる野中の杉、


尾上の松の如く、すくすくと伸びていかなければならぬ。


たえず枝を払い、懐をすかせ、花あれば花を間引き、


実成れば実を間引き、絶えず努力すれば、


偉大な自然人になることができる。








*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

 

 




安岡正篤一日一言ss  1月12日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss  1月12日 大努力(1)




修養のしかたによっては、人間にはいかなる


能力があるかわからぬほど貴い。研究すればするほど、


人間の美質は発見せられ能力が発揮せられるのである。


学校の成績は平均点が三十点でも四十点でも、


それで己は駄目だと考えてはいけない。大いに


有為有能の人材となる大理想を持ち大努力を


せねばならぬ。大努力をなすには、当然自ら


苦しまねばならぬ。苦しんで開拓したもので


なければ本物ではない。人並みの努力をしたの


では秀れた者にはなれない。







*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 




安岡正篤一日一言ss 1月11日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 1月11日 心の太陽



太陽の光に浴さなければ、物が育たないのと


同じことで、人間の理想精神というものは


心の太陽なのだ。理想に向かって情熱を


湧かすということは、日に向かう、太陽を


仰ぐということだ。これがないと人間の


あらゆる徳が発達せず、したがって才知芸能も


発達しない。








*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

 




安岡正篤一日一言ss 1月10日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 1月10日 二つの徳性



人生で一番大切なのは徳性である。


その徳性の中で最も人間に大事なものは二つある。


その二つはいち早くお誕生過ぎにはっきりと表われる。


その一つは明暗ということ。心を明るくする


ということで、心を明るく持つということが


まずもって一番大事なのです。その次は


清潔、不潔ということです。浄不浄ということです。







*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




安岡正篤一日一言ss 1月9日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 1月9日 元服の礼



人間は教育よろしきを得れば、知命、立命の


教養を積めば、その人なりに大成する。


それから先はいろいろの経験が加わって


鍛錬陶冶(たんれんとうや)され、


いわゆる磨きがかかるだけで、


人そのものは十七、八歳でちゃんと出来る。


満十五、十六歳で元服の礼を行なった昔の人は、


近代の科学的研究からみても実に正しい、


妥当であるということが立証されている。








*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

 

 




安岡正篤一日一言ss 1月8日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 1月8日 挨拶の意味



挨拶とはどういう意味かと申しますと、


挨も拶も、直接の意味はぴったりとぶつかる、


すれ合うということで、従って物を言うのに、


相手の痛(かゆ)いところ、痒いところへ


ぴったりと当たる、これが挨拶であります。








*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




安岡正篤一日一言ss 1月7日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 1月7日 学ばざれば道を知らず




政治は民を養うことと同時に、民を教えることで


なければならぬ。殊(こと)に人の人たる所以を考える時、


教学の尊いことは言うまでもない。『学記』の名言に、

 
「玉・琢(みが)かざれば器を成さず、人・学ばざれば


道を知らず。是の故に古(いにしえ)の王者、国を建て、


民に君たる、教学を先と為す」と説いている。








*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

 

 




人気の通販情報



メルセデス・ベンツの中古車検索 ANAの株主優待券の使い方無添加 歯磨き粉


selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM