安岡正篤一日一言t 3月25日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

XML
 
安岡正篤一日一言t 3月25日 厳父と慈母



親兄弟は本能的、自然的、先天的関係である。


そこが師弟や朋友の関係と氏が卯ところだ。


一家の中では父は厳、母は慈、又は非でなければならぬ。








*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 

 




安岡正篤一日一言t 3月24日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言t 3月24日 力量



太い筆で細かい字を書く − これが人生を渡る秘訣だ。


然しそれには十分の力量がなければならぬ。

 


安岡正篤一日一言t 3月23日  志士



志士とは畢竟、正しき意味に於ける理想に生きる人の称である。


貪性的意志 Wille Zum Leben の主体に非ずして、


化育的意志 Wille Zum Kulturleben の主体たる人の称である。


万有を生成し化育する絶対者のいとなみである人間世界は、


造花の正統である志士の気を失して到底進歩有るを得ない。


我等は先ず純粋なる意味に於いて志士をならねばならぬ。



*とても難しく、なんと‥








*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 

 




安岡正篤一日一言t 3月23日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言t 3月23日  志士



志士とは畢竟、正しき意味に於ける理想に生きる人の称である。


貪性的意志 Wille Zum Leben の主体に非ずして、


化育的意志 Wille Zum Kulturleben の主体たる人の称である。


万有を生成し化育する絶対者のいとなみである人間世界は、


造花の正統である志士の気を失して到底進歩有るを得ない。


我等は先ず純粋なる意味に於いて志士とならねばならぬ。



*とても難しく、なんと‥






*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




安岡正篤一日一言t 3月22日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言t 3月22日 青年よ大望を持て(2)



青年よ大望を持て。金銭や利己的な誇負の為ならず。


世の人々の名誉と称するその実虚しきことの為ならず。


人として当にしかあるべきあらゆることを


達成せんとする大望を持つべしと。


かくありてこそ語に瑕疵なきなり。


*瑕疵とはきず、欠点のこと。









*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

ボタニカルとは、ボタニカルオイルとは

 




安岡正篤一日一言t 3月21日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言t 3月21日 青年よ大望を持て(1)



札幌農学校の名師クラーク去るに臨んで


子弟に与えたる一語、世に知らざる者なし。


而して多く其の片鱗を伝えて、全きを知らず。


Boys, be ambitious. Be ambitious not for money or for selfish


aggrandizement, not for that evanescent thing which men call fame.


Be ambitious for the attainment of all that a man ought to be.







*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

西城秀樹・眠れぬ夜・歌詞

 

 




安岡正篤一日一言t 3月20日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言t 3月20日 徳は得なり



「徳」というのを平たく初歩的に言うと、


人間が自然から与えられているもの、


即ち得たるところのもの、みな「徳」だ。


だから、「徳は得なり」という文字の註釈がある。


天から、自然から、親から生んでもらって


与えられたものはみな「徳」である。


しかしその与えられたものの内容はいろいろで、


その中の特に根本的なものを他のものに対して「徳」という。










*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

たなばたさま・歌詞と意味と

 

 




安岡正篤一日一言t 3月19日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言t 3月19日 「成る」と「為す」




「やれるだけやる。そして成る様にしか成らぬ」。


成るということの中に為すということがあり、


為すということの中に成るということがある。


成るというこをは為すということ、


為すということは成るということが分かれば


命を知るというものだ。






*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




安岡正篤一日一言t 3月18日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言t 3月18日 利益と義理(2)




義とは実践の法則であり、理とはその理由である。


君子のいう本当の功名手柄は、人間として


いかにあるべきかの道徳から出る。


つまり本当の利益をいうものは、義理にかなうもので


なければならぬというこである。


ところが世の中の利害というものは大抵


義理に反して打算にはしる。


これが問題である。





*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 

 




安岡正篤一日一言t 3月17日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言t 3月17日 利益と義理(1)




佐藤一斎の言志後録に曰く


君子亦利害を説く。利害は義理に本づく。


小人亦義理を説く。義理は利害による。同じく云う。


真の功名は道徳すなわち是なり。


真の利害は義理すなわち是なり。


君子−−−人格者、立派な教養のある人は、


どうかすると利害などというものは説かないようにする者がある。


人間に利害はつきもので君子も利害を説く。


然し君子の説く利害は義理が根本である。




*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

西城秀樹・眠れぬ夜・歌詞CARTIER サントス 100 クロノ WM500651 6,880,000円高級時計

 




安岡正篤一日一言t 3月16日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言t 3月16日 無心の読書



読書、思索は無心でやるのがよい。


金剛教にいう「無住心」だ。ためにするところがあると、


折角の読書、思索も害になる。少なくともわずらいとなる。


昔の学生は大部の書を読むことを一つの楽しみとし、誇りとした。


「史記」や「資治通鑑」などはその恰好の材料だ。


この気魄がないと学問もものにならない。









*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




人気の通販情報



メルセデス・ベンツの中古車検索 ANAの株主優待券の使い方無添加 歯磨き粉


selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM