<< 2018年06月02日のつぶやき | main | 2018年06月03日のつぶやき >>

安岡正篤一日一言ss 6月3日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言ss 6月3日 礼と義



総て生きとし生けるものはみな体を具えている。


すなわち全体的存在なのであって、部分を雑然として


集めたものではない。無数の部分から成り立っている全体である。


此の全体と部分、部分と部分との間柄が美しく調和している状態を


「礼」という。私共の内臓の諸器官−−胃とか腸とか、肺心臓というものが


相依り相待って間然するところのない健康は、我々の体内での礼である。


そこで、自分にしろ、家にしろ、国家にせよ、全体を構成する部分が、


その分本来の立場に於て、或いは他の部分に対して、


如何に為すべきやを問い出退することを「義」という。


義は宜なりといわれる所以である。








*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

 

1日で虫歯治療が完了※通わない歯医者ブランパ銀座

 

 




スポンサーサイト

  • 2018.06.21 Thursday
  • -
  • 06:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
人気の通販情報



メルセデス・ベンツの中古車検索 ANAの株主優待券の使い方無添加 歯磨き粉


selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM