<< 2018年06月03日のつぶやき | main | 2018年06月04日のつぶやき >>

安岡正篤一日一言ss 6月4日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言ss 6月4日 敬は道



敬という心は、言い換えれば少しでも高く尊い境地に進もう、


偉大なるものに近づこうという心である。したがってそれは


同時に自ら反省し、自らの至らざる点を恥ずる心になる。


省みて自ら懼れ、自ら慎み、自ら戒めてゆく。偉大なるもの、


尊きもの、高きものを仰ぎ、これに感じ、憧憬れ、


それに近づこうとすると同時に、自ら省みて恥ずる、これが


敬の心である。東洋では等しくこれを道と言う。











*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 

 

夏の思い出 歌詞

 

 




スポンサーサイト

  • 2018.06.21 Thursday
  • -
  • 05:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
人気の通販情報



メルセデス・ベンツの中古車検索 ANAの株主優待券の使い方無添加 歯磨き粉


selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM