<< 2018年07月04日のつぶやき | main | 2018年07月05日のつぶやき >>

安岡正篤一日一言ss 7月5日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言ss 7月5日 格物致知(1)



山田方谷が春日潜庵からきた致良知論に復書して


「足下の言は致良知に専らにして格物に及ばず」とし、


王氏の学は誠意を主とする。致良知は誠意中の事に過ぎぬ。


そは必ず格物を以ってこれに配せねばならぬ。致良知でなければ、


誠意の工夫が出来ない。二者兼進してはじめて誠意を得る。


世の王学を唱える者は、大抵一にも二にも致良知と言って


格物の功を廃していることは遺憾なりと言う。











*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

 

 




スポンサーサイト

  • 2018.07.16 Monday
  • -
  • 06:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
人気の通販情報



メルセデス・ベンツの中古車検索 ANAの株主優待券の使い方無添加 歯磨き粉


selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM