<< タケヤ フレッシュロック 角型300 3個セット | main | おしゃれなメンズ雨傘長〜甲州傘だよ >>

週刊 東洋経済 2014年 9/13号 [雑誌]、エボラ出血熱感染拡大で脚光、日本発のインフル薬



JUGEMテーマ:今日のキーワード




週刊 東洋経済 2014年 9/13号 [雑誌]
ユーザ評価4.00レビューを見る(3件) 書く 690円(税込)639円(税抜) 送料無料

この雑誌の他の号を見る


・発売日: 2014年09月08日
・出版社: 東洋経済新報社
・サイズ: A4変
・楽天ブックス雑誌コード: 20131
・JANコード: 4910201320943

【内容紹介】
COVER STORY
飲む前に知る!
クスリの裏側

“血圧147でも健康”の真実「基準値」とは何だったのか
続々登場する“血圧本” 降圧剤は飲まなくていいのか
薬を飲まない薬剤師が激白「薬が病気を作る」は本当だった!
調剤薬局も選択の時代 同じ処方でも料金が違う
特許抜けでもブロックバスター 研究開発の仁義なき裏側
[業界解説] 生活習慣病薬がピークを打ち、製薬界は新たなステージへ

[1] 新薬開発最前線
がん いよいよ本命!? 免疫療法
糖尿病 大型新薬は福音となるか
アルツハイマー病 原因物質の可視化が実現
関節リウマチ 飲み薬や後発品が登場
C型肝炎 待望のIFNフリー療法に潜む薬剤耐性のリスク
根治間近? 身近な病気
スギ花粉症/アルコール依存症/爪白癬症/椎間板ヘルニア/薄毛
エボラ出血熱感染拡大で脚光、日本発のインフル薬

[2] 混迷する製薬業界
高額療養費にメスを入れる「費用対効果」の導入
医師個人名も公表へ ガイドライン策定で透明性は高まるか
INTERVIEW│多田正世●日本製薬工業協会会長
「信頼を取り戻す」
在宅対応で激変 加速する調剤M&A
米国の“保険外し”にメーカーは戦々恐々
厚労省のアメとムチに振り回されるジェネリック
INTERVIEW│畑中好彦●アステラス製薬社長
「買収の標的になるくらいがいい」
市販後臨床研究の抜け穴

核心リポート
漁獲枠「半減」では不十分 クロマグロが消える日
再上場のすかいらーく “マック化”回避できるか
「総合造船」へと突き進むジャパンマリンの賭け

巻頭特集
これから伸びる
銘柄ランキング
上昇機運の株式相場に乗る好業績企業を探せ!
『会社四季報』が誌面刷新
有望テーマ株の連想買いが可能に
四季報増額ランキング
会社予想より四季報が強気の55社
最高益更新率ランキング
過去最高を大幅更新の50社
まさかの減額ランキング
第1四半期が不調で早くも下振れの50社
設備投資リーマン超えランキング
将来に種をまく50社
配当利回りランキング
高利回り50社&優待が魅力的な50社
富士フイルムのインフル薬が効く?




スポンサーサイト

  • 2018.12.16 Sunday
  • -
  • 13:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
人気の通販情報



メルセデス・ベンツの中古車検索 ANAの株主優待券の使い方無添加 歯磨き粉


selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM