<< 2018年07月29日のつぶやき | main | 2018年07月30日のつぶやき >>

安岡正篤一日一言ss 7月30日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 7月30日 理想主義と現実主義



理想主義は、よほど本人がしっかりしないと空想になる。


どちらかといえば現実主義のほうが間違いが少ない。


その代わり、これが間違うと固陋になり、進歩がなくなる。


少々進歩がなくても確かなほうが安全だ。だから、人間は


自然には、だいたい現実主義者である。そういう意味から


少し危なっかしくても現実主義のいるほうが刺激的で


進歩があるともいえる。なかなか人間は難しい。










*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右
 

 

 




スポンサーサイト

  • 2018.08.17 Friday
  • -
  • 05:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
人気の通販情報



メルセデス・ベンツの中古車検索 ANAの株主優待券の使い方無添加 歯磨き粉


selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM