<< 安岡正篤一日一言ss 7月31日 | main | 2018年07月31日のつぶやき >>

祇園祭の愉しみ 山鉾と御神輿をめぐる悦楽



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

祇園祭のいつ?日程は?知ってる??

 


日本三大祭のひとつとなっている京都・祇園祭

祇園祭は八坂神社の祭礼で、大阪の天神祭・東京の神田祭
とともに、日本三大祭のひとつに挙げられていています。

およそ1100年前、神泉苑に日本全国の国の数の
鉾66本を立て、祇園の神を祀り災厄の除去を祈る
祇園御霊会を行ったのが始まりと伝えられていて、
京都の夏が幕を開ける7月に、その1ヶ月間すべてを
お祭りの期間として行われます。
つまり、日程は、7月1日〜7月31日の1ヶ月間です。

 

祭のハイライトは17日と24日に行われる33基の山鉾巡行。
「京都祇園祭の山鉾行事」はユネスコ無形文化遺産にされています。

なお、祇園祭山鉾巡行は、
平成26年、7月17日の前祭巡行(23基の山鉾)と
24日の後祭巡行(10基の山鉾)の2度の巡行が49年ぶりに
復興しました。

 

 


祇園祭の愉しみ 山鉾と御神輿をめぐる悦楽
 (京都しあわせ倶楽部) [ 芳賀直子 ]
1,620円(税込)送料無料

 

祇園祭の愉しみ 山鉾と御神輿をめぐる悦楽 (京都しあわせ倶楽部) [ 芳賀直子 ]

 

 


●内容情報
京の夏の代名詞といえば「祇園祭」。
毎年80万人もの観光客を引き寄せる魅力の
源泉・見方・楽しみ方を山鉾の美麗な写真とともに紹介。

古都最大のお祭りを見る、知る、食べる、歩く。
魅力のすべてがこの1冊に!
全山鉾の写真と解説。

●目次
第1章 祇園祭との出合いー宵山と御神輿/
第2章 お祭り期間は一カ月/
第3章 山鉾の楽しみ方ー前祭/
第4章 山鉾の楽しみ方ー後祭/
第5章 山鉾巡行をどこで、何を見る?/
第6章 御神輿の楽しみ方/
第7章 祇園祭を食す、求める/
終章に代えてー未来を思う

●著者情報
芳賀直子(ハガナオコ)
舞踊史研究家。舞踊、中でもバレエ史を中心に
研究を行っている。専門はバレエ・リュス、
バレエ・スエドワ。幼い頃からバレエに関心を持ち、
大学でバレエ・リュスに出会って以来、
バレエ史研究を続けている。1998年のセゾン美術館に
おける『バレエ・リュス』展での仕事を皮切りに、
舞踊史研究家として執筆、講演、展覧会監修等を行うようになる。
明治大学大学院文学部演劇学専攻博士課程前期修了


 

 

祇園祭はいつ?日程は?

 

 




スポンサーサイト

  • 2018.10.21 Sunday
  • -
  • 22:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
人気の通販情報



メルセデス・ベンツの中古車検索 ANAの株主優待券の使い方無添加 歯磨き粉


selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM