<< 2018年08月10日のつぶやき | main | 2018年08月11日のつぶやき >>

安岡正篤一日一言ss 8月11日



JUGEMテーマ:日々のくらし

 

安岡正篤一日一言ss 8月11日 知識・見識・胆識



いつも申しますように、識にもいろいろあって、


単なる大脳皮質の作用に過ぎぬ薄っぺらな識は「知識」と


言って、これは本を読むだけでも、学校へのらりくらり


行っておるだけでも、出来る。


しかしこの人生、人間生活とはどういうものであるか、或いは


どういう風に生くべきであるか、というような思慮・分別・判断


というようなものは、単なる知識では出てこない。


そういう識を「見識」という。しかし如何に見識があっても、


実行力、断行力がなければ何もならない。


その見識を具体化させる識のことを「胆識」と申します。


けれども見識というものは、本当に学問、先哲・先賢の学問を


しないと、出て来ない。更にそれを実際生活の場に於いて練ら


なければ、胆識になりません。


今、名士といわれる人達は、みな知識人なのだけれども、


どうも見識を持った人が少ない。まだ見識を持った人が、胆識の


士に至ってはまことに寥々たるものです。これが現代日本の


大きな悩みの一つであります。









*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 




スポンサーサイト

  • 2018.10.21 Sunday
  • -
  • 05:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
人気の通販情報



メルセデス・ベンツの中古車検索 ANAの株主優待券の使い方無添加 歯磨き粉


selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM