<< 安岡正篤一日一言t 12月10日 | main | 安岡正篤一日一言t 12月12日 >>

安岡正篤一日一言t 12月11日



JUGEMテーマ:日記・一般

 

安岡正篤一日一言t 12月11日 素心規



  
一、禍が福か、福が禍か、
  人間の私心でわかるものではない。
  長い目で見て、正義を守り、陰徳を積もう。

二、窮困に処するほど快活にしよう。
  窮すれば通ずる、又通ぜしめるのが、
  自然と人生の真理であり教である。

三、乱世ほど余裕が大切である。
  余裕は心を養うより生ずる。
  風雅も却ってこの処に存する。

四、世俗の交は心を傷めることが少くない。
  良き師友を得て、
  素心の交を心がけよう。

五、世事に忙しい間にも、寸暇を偸(ぬす)んで、
  書を読み道を学び、心胸を開拓しよう。

六、租国と同胞の為に相共に感激を以て微力を尽そう。


*素心…利害や意見や年齢や地位身分など、
    そういう様々な世間の着色に染まぬ
    生地のままの純真な心を素心という。







*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

 

 

 




スポンサーサイト

  • 2020.08.14 Friday
  • -
  • 05:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
人気の通販情報



メルセデス・ベンツの中古車検索 ANAの株主優待券の使い方無添加 歯磨き粉


selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM